kyotostory🌸

あなたの知らない京都

楽しみがいっぱい!京都府立植物園

京都府立植物園は春の梅の花、桜、チューリップに続いて、夏は紫陽花とヒマワリ、ハスなど四季折々の花が楽しめる……しかも子供の遊び場も設けられているので、子連れのお出かけ場所としてもお勧めの場所です。広々した植物園の中には森のカフェもあるので、ランチもできます。という事で…「一日植物園ゆっくりタイム」もあるあるです。

今回の投稿は京都府立植物園に対する思い出を含めての京都府立植物園になります。

コロナ禍の前はお友たちとも家族とも植物園によくいきましたが、ここ数年間は全く行けず、この前の6月末にやっと京都府立植物園に行って来ましたが、投稿が遅れてしまいました。(今後……ゆっくり追記予定です。)

京都府立植物園・入園料

✅70歳以上の方:証明提示で入園料、温室観覧料無料

✅障害者手帳をお持ちの方:本人確認のため、手帳またはミライロIDの提示で入園料、温室観覧料、駐車料金無料(介護者も無料となります。)

✅中学生以下:入園料、温室観覧料無料

✅『きょうと子育て応援パスポート』の提示で、京都府内にお住まいで、「乳幼児、小学生の子どもさん」と御一緒に家族で植物園を利用される場合、子どもさん1名につき、保護者1名の料金が免除されます。(入園料、温室観覧料それぞれ免除対象となります。)きょうと子育て応援パスポート/京都府ホームページ

https://www.pref.kyoto.jp/plant/usageguidance.html

近くにお住いの方なら絶対年間パスポートがお得でしょうが……私の場合、かなり距離があるので、少し迷いましたが、年間パスポートを購入しました。

京都府立植物園・紫陽花

紫陽花(202300627)

京都府立植物園にはあじさい園があります。7月中旬まで紫陽花が楽しめます。

園内マップはリンク先をご参照ください。

➡https://www.pref.kyoto.jp/plant/documents/map-jp-.pdf

あじさい園まで行かなくても紫陽花が楽しめます。(今後追記予定です。)

紫陽花(20130706)

姫アジサイ(20230613)

京都府立植物園には姫アジサイという品種の紫陽花が咲いているようです。気になる方は植物園へ😊

 

https://twitter.com/kyotobotagarden

 

京都府立植物園・キノコ(20130706)

植物園の中には珍しい?キノコも多いようで、キノコマニアにも人気があるよくです。

ベンチでおにぎり?を食べる最中に数人のグループが「あそこ!ありました!」など、喜びの声でベンチの下に!びっくりしていると、偶々、座っていたベンチの下に大変珍しいキノコがあったという事でした。教えて頂けなかったら、絶対気づく事のなかったキノコ。人生って、不思議なもんですね。

京都府立植物園・ハス

夏はハスも綺麗です。ハスは朝早く行くと綺麗に咲いている蓮の花が多いようです。

もう過ぎてしまいましたが、「観蓮会~蓮を楽しむ3日間~」というイベントもありました。詳しくはチラシをご覧ください。

https://www.pref.kyoto.jp/plant/documents/kanrenkai2023.pdf

来年は参加してみたいです😊

ハス(20230627)

ハスの花は午前中が綺麗ようで、午後は咲いている花が少なく、蕾が多かったです。午前中に綺麗に咲いていた蓮の花が午後にはしぼんでしまう事が多いようです。写真を見させていただきましたが、午前中に咲いた花が本当に午後には萎んでいました。いつか、あさイチ!で蓮の花を見に行きたいです。

蓮の周りにはたくさんのトンボ。青トンボと思ったら、周りの方から「シオカラトンボ」と教えて頂きました。

ハス(20170723)

京都府立植物園・温室

京都府立植物園には大きな温室があり、その温室の中には何と!!!バオバブの木があるのです。バオバブは『星の王子さま』の中で厄介な木として登場するのですが、実際のバオバブは葉も実も食用として使われているようです。

バオバブの花(20230801)

6月末に植物園に行ったのはバオバブの花を見るためでした。しかし、着いたのが午後だった事もあって、もしかしたらと……入り口でバオバブの花がまだ咲いているかと訊いたら、午前中は咲いていたけど、今は萎んでしまったという……😵

もし、何も訊かず、そのまま温室に向かってたら、広々した温室でバオバブの花も見つからず、そのまま帰る事になったと思うと……本当に訊いて正解でした!

あの日は、バオバブの花を見る事はできませんでしたが、アジサイと蓮の花を存分に楽しむ事が出来たので、それはそれで……良かったです。

今日も京都府立植物園の公式Twitterにバオバブの花が咲いたという投稿がありました。

https://twitter.com/kyotobotagarden?s=11

京都府立植物園にバオバブの花を見に行かれる方は、バオバブの花が咲いたかどうかを朝早く植物園に電話で確認したら、確実にバオバブの花を見る事ができるので、行かれる方はご参照ください。バオバブの花は8月まで咲くようなので、一回は見に行きたいです。

バオバブの花(20170723)

ラッキーな事に偶々行った植物園にバオバブの花が咲いていました。(残念なのはその花はまったく思い浮かばないのですが……。花の写真がないのは既に落下してたかもしれません。)

今年もバオバブの花が次々と咲いているようなので、今度はバオバブの花をちゃんと間近で見てみたいです。

京都府立植物園・夜に咲く花

花の中には夜咲いて朝に萎んでしまう花もあります。

夜に咲く花・20180924

5年も前の事ですが、京都府立植物園で中秋の名月コンサート?というイベントが行われた事がありました。コンサートもよかったのですが、園内にイルミネーションの所もあって、夜に咲く花が見れたのは嬉しかったです。

芝生の前に舞台を設け、芝生でもよし、森のカフェでコーヒーを飲みながらもよし、沢山の人が自由にコンサートを楽しんでいました。とても贅沢な月見の思い出です。

今後、また、このような時間が戻ってくるのでしょうか……すこし、期待してみたいです😊

以下の花の説明は別の日の植物園で撮った写真になります。

『古都』の中の京都・京都府立植物園

京都府立植物園は川端康成の『古都』にも春の植物園が書かれています。(今後、追記予定です。)

京都府立植物園・森のカフェ

まさに森のカフェ。店内でも外でも席があります。外からだと広い芝生を眺めながら飲食できます。京都府立植物園には芝生を含め、至る所にテーブルとイスが置かれているので、好きな所で持ち物を食べるのもオッケー(おそらく……😅)です。テーブルやイスにたまに鳩さんが座っている時もありますが、すぐ譲ってくれるのでご心配なく😊

カフェの外にはコーヒーの自販機が二台もあるので、選択の幅が広く、その分、楽しいです。店内で販売しているパンと自販機のコーヒーの組み合わせもお勧めです。(カフェのすぐ隣にはトイレもあります。)

京都府立植物園の森のカフェの名物と言えば、鹿カレー。実は未だに私は食べた事がありません。個人的に好きなのはおでんです😅

森のカフェ・メニュー

6月27日時点でのメニューになります。

猛暑日が続く今だとアイスもいいですね。

コロナ対策もばっちりでした。

ホームページ

✅京都府立植物園 Kyoto Botanical Gardens

ホームページよりツイッターが植物園の様子が分かるのでお勧めです。

【公式】京都府立植物園 (@kyotobotagarden) / Twitter

まとめ

京都府立植物園の魅力はあまりにも多いので、まだまだ続きますが、とりあえずこの辺で失礼いたします。今後、追記予定ですので、よろしくお願いいたします。

アクセス