kyotostoryのブログ

あなたの知らない京都

『古都』の中の京都ーキリシタン灯篭と天使

キリシタン灯篭と天使

 

北野天満宮
『古都』とキリシタン灯篭

 

『古都』作品の冒頭には「なん百年かの風雨に朽ちこぼれて、ただ頭とからだと足の形がそれと見られるだけである」キリシタン灯篭が登場します。

川端康成は「しかも、四條通に近い問屋で、八坂神社の氏子」なので、毎年のことだから、祇園祭はめづらしくはな」く、「暑い京都の夏祭りである」と思う千重子に、北野天満宮で家の中庭にあるキリシタン灯篭に「よう似た大きいの」があることに気づかせる事で、千重子の繊細さを表しています。

 北野天満宮には数多くの灯篭がありますが、キリシタン灯篭は一基だけで、気づかずに過ぎてしまう人も少なくありません。これは呉服問屋に来る商客の中でも中庭のもみじのくぼみに咲いたすみれの花に気づく人が稀で、また商客の殆どは下に灯篭が置いてあること、しかもその灯篭の足あたりにキリストが刻まれているということに興味を持つどころか「庭に灯篭の一つや二つはあたりまへで、よく見もしない」のと同じとも言えます。
 
 
1961年10月9日 朝日新聞  
 
「北野の天神さんに、よう似た大きいのがありましたえ」と千重子が話した通り、今も「よう似た大きいの」を北野天満宮で見かけることができます。その名は織部形石灯篭」です。
 

北野天満宮織部形石灯篭

 
 

 
北野天満宮
 
 

北野天満宮の「織部形石灯篭」案内文には次のように書いてあります。

 

茶人好みの石灯篭の一つにて吉田織部正重然(元和元年六月十一日没)の墓にあるものの形に因んで名付けつけらるマリア像の彫刻あることに俗にマリヤ灯篭切支丹灯篭よもいう

 

ちなみに…川端康成はすでに『舞姫』で次のように織部灯篭を取り上げています。

 

 

「さう?しかし、カトリックとお茶とは、昔は縁がありますよ。たとえば、織部灯篭を、キリシタン灯篭ともいふでせう。」と言ひながら、矢木は座った。

古田織部の好みで、灯篭の柱に、キリストを抱いた、マリアらしい像が、彫こんである。キリシタン大名の、高山右近の作だといふ、茶しゃくもあるさうだ。花十といふ銘で、花クルスと読む。」 

 

場所が分かりやすく動画を追加しました。北野天満宮に来られることがありましたら、探してみてください😊

 

パウル・クレー・忘れっぽい天使

 
個人的観点ですが…灯篭に刻まれているマリア像を見る度にパウルクレーの作品『忘れっぽい天使』が浮かびます。なぜか…マリア像と忘れっぽい天使が妙に似ているように見えるのですパウルクレーの天使と私の出会いは10年も前に遡りますが…その時、既にボケが進行中だった私は…「忘れっぽい天使」を見つけた時、とても嬉しかったのを今も覚えてます。
 
音楽、文学、美術…全てにおいて…素晴らしい才能の持ち主だったクレー。特にバイオリンは音楽家のお父さんが感心するほどの腕前で、わずか11才で地元のオーケストラの非常勤団員を務めたようです。
 
裕福で…恵まれた環境で生まれ育ったパウルクレーですが…誰よりも苦しい晩年を過ごす事になります…。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

空色(@sora_feel)がシェアした投稿

 
パウルクレーの「天使シリーズ」の大半は病で闘いながらの…病に倒れる前の2年間に描かれたものになります。
 
 老いた音楽家が天使のふりをする…天使の危機…泣いている天使…星の天使…鈴をつけた天使…未熟な天使…哀れな天使…現世で最後の一歩…醜い天使…天使、また醜い…。
 
迫ってくる自分の死に対する様々な感情を天使に託したかのような…パウルクレーの「天使シリーズ」。『古都』のヒロインである千重子もパウルクレーの天使を眺めながら、捨て子という自分の出生に対する様々な感情を抑え込んだのではないでしょうか。
 

シャガルとマチスの天使

 

 パウルクレーは『古都』の中に6回登場するものの…画集が直接出るのは一回だけになります、北山杉に行って苗子の存在に気付いた千重子は「寝る前にクレーとシャガルの画集などを見て寝」ますが、まもなく「心に残った北山のような」青いなかに落ちてしまう夢で目覚めるのです。

北山杉村には実に眼が山の底まで引き込まれるような青波が広がっています。そしてその青波の中で千重子の父は木の上から落ちて、母は波の向こうの里で病気で帰らぬ人になってしまいます。でも…まだ…千重子はその事実を知りません。

そこで千重子が寝る前に「パウル・クレーの畫集、シヤガアルの畫集など」を見ていた事に注目したいと思います。偶然だろうか…作家の緻密な計算だろうか…川端康成パウル・クレーと共に『古都』の中で取り上げたマルク・シャガールの作品には「天使の馨落」「イカロスの墜落」が、アンリ・マチスの作品には「イカロス」という作品があるのです

その上…パウル・クレーの絵は一見可愛らしい作品もありますが、恐ろしい「無意識闇から迫ってくる」ような力を感じる作品も多く、北山杉で自分とそっくりと真砂子から聞かれた娘により、無意識に心の底が揺れていた千重子はおそらくそのようなパウル・クレーの絵に「無意識の闇から迫ってくる」何かを感じたに違いない…さらにその力は既に千重子が感じていた清水寺の屋根の重く暗い量感と、青蓮院の楠の恐ろしい力に繋がります。

このように川端康成は絵を通じて巧みに作品の深淵をより深く広げています。

まとめ

『古都』の中には、川端自身の人生が重畳された世界が存在し、その世界で生きている作中人物は彼の人生や作品の堺を自由に行き来する同時に、平安時代まで出入りする,どうも人間ではないような、ひいては、魂のような多重的存在でさえ見えます。
 
実際…川端康成も『枕の草子』の中で「連想の浮かび流れにつれて書いてゆく私は、書くにつれて連想が誘はれ湧いて出る。だれだってさうであるが、自分はその癖が強いではないかと思ふ。あるひは、連想を取捨選択する頭が弱いのであらうかと思ふ。」と語っています。
 
だからこそ、彼は『古都』執筆のため借りていて木造平屋の離れの座敷から「なん百年かの風雨に朽ちこぼれて、ただ頭とからだと足の形がそれと見られるだけである」キリシタン灯篭のマリア像からクレーの「天使シリーズ」を思い出し、千重子にパウルクレーの画集を何冊も持たせたのかもしれません。
 
『古都』は「かなりの加筆補正」を経て単行本に出版されましたが、キリシタン灯篭もそうで、新聞連載の際は「キリシタン灯籠」「マリア灯魔」「マリア地蔵」が混在して使われていて、刻まれている模様も「マリア像」になっていたのが、のちに「キリシタン灯篭」と「キリスト像」に統一されます。そこから考えると、「マリア像」はより「天使」のイメージに近いのではないでしょうか。
 
キリシタン灯篭」は「朽ちこぼれて」、ただ「もみぢの古木の根かたにおかれてゐる」だけで、元々何処にあったものかさえ知らない…これは捨て子の千重子に同一化されます。
 
ハウル・クレーの『忘れっぽい天使』はパウル・クレーが死を目前いた天使シリーズの中の一つであり、その「天使」とは「天使となるために人間が被らねばならないさまざまな変容の姿」です。
 
ことに『忘れっぽい天使』は「つねに微笑を絶やさない天使の姿」で、「苦悶にたいする機知の、つかのまの勝利にほかならない」ということからすれば、その天使の姿は太吉郎にとって千重子の姿に他ならないとも言えます。
 
つまり…「キリシタン灯篭」パウル・クレーの『忘れっぽい天使』は結局…千重子と重なり、そして「変容する天使たち」のように千重子も次第により強く変容し続けていきます。
 

参考資料

 
北野天満宮織部形石灯篭」
川端康成『古都』(新潮文庫、1962)
朝日新聞  『古都』(1961年10月9日)
コンスタンス・ベール=ライザー、本江邦夫訳『世界の巨匠 クレー』(岩波書店、1992)
 

北野天満宮 マップ

⊛写真との無断転載はご遠慮お願いいたします。