kyotostory🌸

あなたの知らない京都

京を書く・深泥池が見える部屋

京都キタ短編文学賞

「京都キタ短編文学賞」をご存じですか?北区の魅力発掘と発信を目指し、昨年創設された「第1回 京都キタ短編文学賞」に続き…今月いっぱいまで「第2回 京都キタ短編文学賞」の募集が行われています。

➡京都市北区役所:「第2回 京都キタ短編文学賞」 北区の魅力を全国に発信! 作品募集について【応募期間:7月15日~10月31日】

私は昨年「京都キタ短編文学賞」に応募しましたが、最終選考で落選…今年はもういいと思いましたが、先月…区役所で偶然「京都キタ短編文学賞」のチラシを見付けてしまって…締め切りギリギリで、応募するかどうかを迷っています😓

応募!というのにも実は自信が要るわけで、自身がなかなかつかないまま、子供の入院やらいろいろと時間だけが流れて、もう10月も半ばに…。さすがに、ほぼ無理かなと思っております。

自分はダメでも…もし、「京都キタ短編文学賞」に興味を持っている方々がおられましたら…という事で、北区の写真と昨年応募した短編をコラボして投稿させていただきます。少しでも参考になれば……幸いです。

深泥池が見える部屋

深泥池が見えるこの部屋が好きだ。

引越しの日、荷物をすべて中に運んで、ベランダに出た。目の前には深泥池が広がっていた。

年齢とすれば…深泥池は2万歳、私は18歳、何となく心強かった。

それゆえ、初めての一人暮らしに対する不安もあまりなかった。「何とかなる」という気持ちの方が大きかった。冬の眩しい日差しはこれからの未来を祝福するかのように感じた。

 

大学に入って二年間は恐ろしいほど、何もかもが上手く進んだ。バイトも二つ掛け持ちして、充実な毎日だった。

しかし、現実は徐々に思わぬ方向に向かっていた。コロナウイルスによるパンデミックで何もかもが変わった。学校は休校になり、バイトもしばらく休むことになった。

「何とかなる」という気持ちもどんどん薄れていく中、数少ない楽しみの一つはベランダで眺める深泥池だった。世の中がどうであれ、池には花が咲き、トンボが飛んだ。この頃は日向ぼっこをする鴨をよく見かけるようになった。

 

「何をしてるの?」彼女から話を掛けられたのは思いもよらぬ時だった。鴨をスマホの動画で撮っていた私は彼女に気が付かずにいた。

「あ、鴨ね、気持ちよさそう」

彼女の声に気付いて振り向いた瞬間、私は曇り空が一瞬で青空に変わるかのように爽やかな何かを感じた。満面の笑顔で私に話を掛けた彼女は眩しくて綺麗だった。

長い髪を揺らしながら彼女は私に話した。

「この前も鴨を見てたよね」

私は彼女を知っていた。初めて彼女を見たのは上賀茂神社に行く途中だった。いきなり余り過ぎた時間をどうしようもなく、私は毎日のように上賀茂神社まで歩くのが日課になっていた。

二年も同じ道を毎日のように自転車で通ったのに、ゆっくり歩くと初めて目に入るものが多かった。岡本口公園もそうだった。いざという時は一時避難場所になる岡本口公園は思ったより広く、秋はイチョウの木が綺麗だった。

気が向くまま、ベンチに座って本を読む時もあった。そのうち、岡本口公園近くの太田神社にも足を運ぶようになった。そこからは上賀茂神社社家町を流れる明神川のせせらぎを楽しみながらゆっくり歩くのが定番のコースになっていた。

 

あの日もそのつもりだった。岡本口公園で本を読もうと鞄の中に本を入れていたが、やめた。いつもなら誰もいないはずの公園に彼女がいたからだった。

赤いフーディとデニムジャケットにグレーのロングのスカート、フーディからそっと見える黒いハイネックトップスがあまりにも素敵で、しばらく彼女から目が離せなかった。

彼女は何かを読みながら書出しをしたり、顔を上げて声に出したりしていた。長い前髪とふんわりしたセミディのヘアーが顔とよくマッチして、一際目立つ綺麗な印象を与えた。

私は彼女とは目を合わせることなく、公園を離れれた。彼女の印象があまりにも強く、上賀茂神社まで彼女の事で頭がいっぱいだった。

神社に着いた私は、迷わず「願いの石」に向かって5円を賽銭箱に入れて、今までの「コロナの収束」ではなく「よいご縁にめぐりますように」と願った。

 

その彼女が…今…私の目の前に現れたのだった。

 

彼女は私と同じマンションに住んでいて、芝居をやっていると話した。でも、彼女には芝居をやりながらの1人暮らしとは思えない何かがあった。

その謎は彼女の部屋に行った時、すらりと解けた。彼女の部屋は壁一面が写真やチラシ、ポスターで飾られていた。

写真はプロ並みの腕前で、ポスターの中には何処かで見た覚えがあるのもあった。彼女は芝居だけでなく、写真やデザインにも手をかけていて、ネットを通じて色んなイベントや公演の印刷物のデザインもやっていた。この頃はプログラムなどに入る写真の依頼も多いらしかった。

 

料理が苦手な私は彼女の部屋でご飯を食べる回数が増えた。初めて食べたのはカレーだった。人参と玉ねぎ、ジャガイモだけのシンプルな具材なのにすごく美味しかった。

「何?この味、本当に美味しいけど、隠し味とかある?」

「そう言われると嬉しいな…隠し味か…ちょっと待って」

何やら…彼女が持ってきたタッパーに入っている物がその隠し味らしかった。

「なに?あれ」

「これね…大徳寺納豆というの」

「え!納豆?全然違うけど」

「そうそう、普段の納豆とは全く違う。大徳寺納豆はネバネバもなく、保存期間も長いから非常食としても使えるの。お腹を壊した時は薬のように一粒食べてもいいやって」

「そうなんだ。けど、ちょっと臭わない?」

「カレーやマーホー豆腐のような濃い味に使うとあまり匂いも感じないよ。私はほぼすべての料理に使ってるけど、ほんの少し入れるだけやから、一袋で半年ぐらいはいけるよ」

彼女の大徳寺納豆レパートリーはお茶漬けとおにぎりを始め、ハンバーグ、野菜炒め、味噌汁、丼、焼きそば、焼きめし、スパゲティー等、限りなく幅が広かった。そして、すべてが美味しかった。

https://genkouan.or.jp/mado/

「あのさ、私…ここの窓、好きなの」

「私も好き!窓からベランダに出るその瞬間が「どこでもドア」を開ける感じで好きなのね」

「そうそう!私も。私ね、窓に名前付けてるよ」

「名前?」

「うん。」

「何の名前?」

「悟りの窓」」

「悟りの窓?」

「そう。でもね、『迷いの窓』と呼ぶ時もあるの」

「へえ」

https://genkouan.or.jp/mado/

「芝居をやると色んな役をやらないといけないけど、すっと入れる役もあれば、なかなか慣れない役もあるのね。そんな時、迷いの窓をずっと見つめていたら、嘘のように役が見えてくる時があるの。そうなるとその後は『悟りの窓』になるわけ」

源光庵の「悟りの窓」と「迷いの窓」を彼女は窓の名前に付けていた。彼女らしいかった。

 

その数日後だった。

「来週やけど。観に来てくれない?」

彼女から貰った招待券には真直ぐて伸びいる北山を背景に『移りゆく都……その永遠のノスタルジー』と書いてあった。川端康成の『古都』が原作だった。

 

私が京都の大学に行きたいと思ったきっかけは「ならの小川」と川端康成の『古都』だった。

私が通った小学校は珍しく百人一首に力を入れていて、一年生は百人一首を覚える事が課題になっていた。母に初めてその事を不満気に話すと「そう?」とだけだったが、一年生の私でも「何かを抑えている」かのような母の心が伝わってきた。

夏休みは母の提案で京都に行く事になった。上賀茂神社で母は私をある掲示板がある場所に連れて行った。あそこには「ならの小川」と書いてあった。

「これから百人一首を覚えるでしょう?ならの小川のカルタが出たら、上賀茂神社を流れる川を思い出してね」と母は言った。

小学校にも少し慣れて、1人で「行って来ます!」と玄関を出る事ができるようになった秋頃から学校の百人一首特訓はスタートした。

毎日の宿題に百人一首2首を覚える事が追加され、週一回、みんなの前で覚えた百人一首を一人一人披露する事になった。

覚える事が苦手な子もいれば、すんなり覚える子もいた。私はすんなり派で、すらすら覚えて、百首を覚えるに1ヶ月もかからなかった。

その私に驚いたカルタ担当の先生から競技カルタをやってみたらどうかという話があり、母と一緒に先生と会う事になった。

その日、先生と母は思わぬ出会いをしてしまったようだった。私を真ん中に置いて、まさしく、二人の話には花が咲いた。

母が競技カルトをやった事は全く知らなかった。私はその日、競技カルタ会に入った。

その後、大会も出るようになり、どんどん競技カルタに夢中になって、あっという間に6年生になった。

その頃だった。私は初めて、ネットで競技カルタに臨む母の姿を観た。落ち着いた母が厳しい眼ざしでカルタを見つめるあの姿は今の母には感じた事のない、まるで別人のようだった。

それと同時に私の何処かで何かが崩れ落ちるのが分かった。「私は母のようにはなれない」という確信だった。

別に母を超えたい気持ちもなかった。むしろ母を超えるより過去の母をそのまま守りたいという気持ちの方が大きかったかもしれない。

中学校の部活で私はテニスを選んだ。6年近くカルタを取った私の手はその後の6年間ラケットを握った。

一方、川端康成の『古都』に出会えたのは中学校の修学旅行で京都に来た時だった。

一日は班毎に自由に好きな所に行けたので、「ならの小川」を思い出した私は、上賀茂神社とその周辺を同じ班の友達に猛アピールした。

あまりピンとこない顔があっ!と目が大きくなったのは私の話が深泥池の奇談に入った時だった。

「こわっ!」

「本当?」

そこに上賀茂神社の名物「やきもち」と腸活で話題の「すぐき漬け」はお土産で喜ばられるのに間違いない!という事で結局みんな納得した。

上賀茂神社の帰りに京都で一番大きい本屋さんをタクシー運転手さんにお願いして、そこで出会ったのが『古都』だった。

『古都』は作品の舞台を京都に限定して、登場人物の行為自体が京都の年中行使と観光名所と連結して進行し、その中で広がる生き別れた双子の姉妹の淡々としたストーリーが私の心に沁み込んだ。

『古都』を繰り返して読むうちに私は観光に興味を持つようになって、『古都』のような文学作品を観光やマーケティングに広げたいという思いを抱くようになった。京都の大学を選んだのもその理由だった。

 

芝居としての『移りゆく都……その永遠のノスタルジー』で一番気になったのは双子の姉妹を彼女がどう演じるのかだった。一人で二人の役をドラマや映画ではなく、舞台で演技する事自体が私には想像すらできなかった。

でも彼女は見事に一人で二人を演じた。舞台の上の彼女はなんの違和感もなく、千重子と苗子を演じた。北山の時雨のシーンは凄まじいほど降り出す雨の中、千重子を守ってくれる強い苗子に、祇園祭の宵山では思いもよらない出会いに震えながらも両親の事を尋ねる落ち着いた千重子を見せてくれた。

『移りゆく都……その永遠のノスタルジー』は話題を呼んだ。コロナ禍でのオンライン観劇を試した事と彼女の演技、京都を見事に生かした演出ともが高評価を得た。

劇団のホームページに載せた『移りゆく都……その永遠のノスタルジー』の動画はテレビで紹介されるまでになった。

それに連れ、彼女に対する関心も高まり、SNSでは彼女のファンクラブのようなアカウントも作られ、深泥池にも取材に来る記者やファンの姿が見られるようになった。

そこに彼女が関わったポスターや写真販売サイトの写真も加わって、彼女の知名度はますます高くなった。

『移りゆく都……その永遠のノスタルジー』は大盛況で終わったが、世間の異常な関心に耐えきれなかった彼女は私に何も言わず、姿を消した。もう2年近く前の秋だった。

その間、私は大学を卒業して、就職もできたが、コロナ禍で在宅勤務が増えた。

休みの日はよく今井食堂でサバ煮弁当を買って、御薗(みその)橋(はし)が見える鴨川沿いに向かった。

あそこには彼女とよくサバ煮弁当を食べた石のベンチがあった。少し離れて置いてあるそのベンチの距離が私と彼女を表すかのようで私はあのベンチを好んだ。

帰りはいつも「すぐきや六郎兵衛」のそばに置いてあるベンチに座って上賀茂神社の鳥居を眺めた。

風が吹いて、鳥のさえずりが心地よかった。車の走る音、隣に止まっているタクシーのエンジンの音、後ろを走る自転車の音かもがすべて混ざって、ちょうど色付き始めた紅葉のグラデーションのように順次に音が聞こえて来た。

このように、絶えず続くあらゆる音か一瞬止まる時があった。まさに今がその時だった。

「何をしてるの?」

声は後ろからだった。一瞬、目いっぱいパンジーのような紫と黄色が入った。彼女だった。彼女がいつも鞄に付けている…太田神社のカキツバタのストラップが揺れていた。

「ただいま!」

2年ぶりの挨拶としてはあまりにも自然だった。

なぜ、彼女が私に一言もせず姿を消したのか…なぜ、今…戻ってきたのか…全く気にならないと言ったらうそだ。

でも、大事なのは…今…ここに彼女が戻ってきたという現実。過去の事で今の幸せを疑う事はやりたくない…今は純粋に幸せにいたいと思った。

カキツバタの花言葉が「幸せは必ず来る」という事を思い出しながら私は彼女に話した。

「おかえり」

 

🔹「すぐきや六郎兵衛」さんは2023年2月23日…閉業になりました。小説に出るお店を別投稿しております。興味のある方はご参照ください。