kyotostory🌸

あなたの知らない京都

紫式部ゆかりの地、上賀茂神社の「片山御子神社」

『光る君へ』・上賀茂神社

昨日の京都新聞に大河ドラマ『光る君へ』の紫式部役と藤原道長役を務める吉高由里子さんと柄本佑さんが上賀茂神社に参拝したという記事が載っていました。

「葵祭」で知られる上賀茂神社は紫式部と藤原道長も参拝したと伝わる京都でも長い歴史を持つ神社で、境内には紫式部の歌碑もあります。今回の投稿は紫式部ゆかりの地でもある上賀茂神社の摂末社「片山御子神社」をご紹介させていただきます。

上賀茂神社・片山御子神社(かたやまみこじんじや)

 

上賀茂神社には「縁結びの神様」として特に女性に人気がある神社があります。その神社とは「片山御子神社」で「片岡社」と親しまれています。

「片山御子神社」は上賀茂神社の摂末社で上賀茂神社の楼門の前の橋を渡るとすぐの所にあります。祭神は賀茂別雷大神の母神である賀茂玉依比売命です。縁結び、子授け、家内安泰、安産の神として知られています。

片山御子神社

ご祭神:賀茂玉依姫命(かもたまよりひめのみこと)

ご神徳:縁結び・子授け・安産

本殿の桜門前には玉橋と片岡橋がありますが、玉橋は渡ることができません。片山御子神社は片岡橋の向こう側になります。鮮やかなハートの絵馬が目を惹きます。

片山御子神社・動画

片山御子神社・紫式部

平安時代、紫式部は恋の成就を願って片山御子神社に祈り、その時「ほととぎす 声まつほどは 片岡の もりのしづくに たちやぬれまし」という歌を残しています。

上賀茂神社・紫式部歌碑

歌碑は片山御子神社の横ではなく、少し進んだ先にありますので、川の流れや綺麗な緑に目を向けるとスルーしてしまう可能性が高いので、左側に注意して進んでください。

歌碑には紫式部が片山御子神社を参拝して残した「ほととぎす 声まつほどは 片岡の もりのしづくに たちやぬれまし」という歌が書かれています。

ほととぎす 声まつほどは 片岡の もりのしづくに たちやぬれまし

➡いつほととぎすは泣いてくれるのでしょうか。その声を待っているうちに片岡社の森の雫に濡れるとしても、私がいつまでもずっとあなたを待っています。

 

ほととぎすは未来の結婚相手を意味するという説が一般的です。ところで、平安の女性はほととぎすが好きだったのでしょうか。清少納言も『枕草子』で熱烈な「ほととぎす愛」を書いています。すこし気になりますね😅

片山御子神社・御朱印

葵祭の日の昨日、「片山御子神社」の切り絵の御朱印頂きました(御朱印には片山御子神社と紫式部の歌の説明が別紙で入っていました)。

葵祭限定御朱印は昨年頂いたので、今年は御朱印帳に書いていただこうと思ったのですが、切り絵の御朱印が余りにも綺麗で思い切って「片山御子神社」の御朱印に変更😅、御朱印では初めて、リビングに飾っております。

片山御子神社・ホームページ

上賀茂神社・楢の小川

上賀茂神社は百人一首で出る「楢の小川」としても知られています。

風そよぐ楢の小川の夕暮れは みそぎぞ夏のしるしなりける

百人一首98番・従二位家隆(じゅにいいえたか)

➡風も涼しくなり、もう秋かと思うと、上賀茂神社の御手洗川(みだらしがわ) で行われている六月祓(みなづきばらえ)だけが、今はまだ夏という事を示している。

【番外編】上賀茂神社・お守り&おみくじ

上賀茂神社(20240515)・お守り

今年から頂くことができる「ボケ防止」のお守りです。

上賀茂神社(20221104)・お守り

上賀茂神社にはユニックなお守りがあります。その名も「うまくいく守」

馬は神の使いで、 人々を守り、千里 を見通し難なく 過せるよう守って下さいます。 中でも左馬は右 出るものなしと いい、人を寄せ福を招くといわれており この表裏合わせて九頭の馬たちが、表と裏…併せて9頭の馬たちが持つ人が人生をうまく進めるようお守りしてくださると云います。

上賀茂神社(20221104)・おみくじ

京野菜の一つである賀茂なすのおみくじは上賀茂神社ならではのおみくじ。

ここ数年前の夏ごろから「龍のお告げ」という水おみくじも頂くことができるようになりました。関西弁で書かれている「お告げ」にほっこりします😊

上賀茂神社・ホームページ

上賀茂神社・アクセス