kyotostoryのブログ

あなたの知らない京都

ブログ&テニス肘(テニスひじ)

テニス肘テニスひじ

 

テニス肘って、聞いた事ありますか?

 

テニス肘とは腕の使いすぐによる炎症で痛みが出る「疼痛性運動障害の総称」です。主にテニスプレイヤーに多く発生する事で「テニス肘」と名付けられたようですが、正式名称は「上腕骨外側上顆炎」だそうです。

 

畑が片付ける事になって、これからという事で始めたのがブログ。やるには小遣い稼ぎでも...と、まずは無料で広告がないグーグルのブロガーでスタートすることになったのですが……。

 

いい年して、何も知らずに、一からのスタート...でも大昔、ホームページを長年やった事もあり、すぐドハマり。ブロガーのカスタマイズがあまりにも楽しくて、記事よりカスタマイズにハマる日々の末、数ヶ月後、足の裏に痛みを感じ、それが手首から肘に。最初は右の痛みが酷かったのが、今は左の方の痛みが酷い。

 

4月あたりから痛みが出たと思いますが、我慢して、結局……限界になって、整形外科に行く事にしたものの、整形外科が見つからず、一回目は失敗。(その事はリンク先の投稿で書いております。よろしければどうぞ😊)

cinemaholic.hatenadiary.com

 

それから整形外科クリニックに行くとレントゲンには異常がなく、テニス肘と診断されました。

私の場合、ブログでパソコンの使い過ぎを含めて、写真、ラインのスタンプ作りやプリマアプリの出品など、スマホの使い過ぎも原因かと思います。


2回行って、パソコンはやってもいいがバンドを使う事をお勧めされバンドを購入したものの、バンドを付けると痛みが酷く結局付けず、そこそこにやっていたら、まずますひどくなって、今月は少し大きめの病院に二回行っております。

 

2回目までは湿布だけでしたが、病院を変えてからは同じ湿布と2種類の飲み薬。

薬が切れての2回目の診察でパソコン制限を言い渡されました😥

今のテニス肘症状

。痛みが酷く、生活にも影響が出始め……。

・重いものも持たずになって、買い物も思いのままできない。

・鍋やフライパン、ヤカンを持つのも痛みが出るように。

・服の着替えがしんどくなる。

・肘にシャワーヘッドで水を当てるだけで痛みを感じる。

・動かない時もじくじく痛む。

これに対して...先生からのおすすめは以下の通りでした。

先生からのおすすめ

肘を冷やさない

ストレッチをする

湿布

飲み薬

バンド

でも……先生曰く、飲み薬はできるだけ飲まないようにして、治せるように頑張ってほしいという事でした。

 

そこでもう一つのおすすめのが手の持ち方を変えるという事。

◆いつもの持ち方ですが、これは避ける事。

◆物を持つ時、取る時は手のひらから持つ事。あともう一つは……できるだけ両手を使う事でした。力を分散して、負担を減らすという事です。できるだけ、飲み薬は飲まない方にして、まずは持ち方に気を付けて、やっております。

コロナ感染者が拡大した七月以後、整形外科から処方された湿布も使いきれ、ドラックストアで色んな湿布を試しましたが、まったくと言ってもいいぐらい効かず...結局同じ成分のロキソプロフェンテープ とロキソニンローションを購入して平行使用。

しかし……ドラッグストアだとロキソプロフェンテープ はかなりの値段...数回で諦め、病院で処方箋をもらい事に……。

 

市販のロキソプロフェンテープ には2週間以上使わないと書かれていますが、処方箋でもらう湿布には書いてない.ので、何だか安心。もう4ヶ月近く湿布なしでは生活できないように……。

 

ブログで小遣いところか診察費や薬代で大赤字。やはり世の中は甘くないと切々と思うこの頃でした。

 

書きたい事は山ほど😅😅😅ありますが、しばらくは一つの投稿を数日かけて少しづつ完成する形になるかと思います。

 

テニス肘はテニスなどスポーツだけでなく、誰にでも起きる可能性があるので、皆さんもお気を付けください。

 

次回の投稿は...

西本願寺、嵐山、上賀茂神社、嵯峨豆腐 森嘉、ヤサカタクシー……のどちらかになるかと思いますが、よろしくお願いいたします。