kyotostory🌸

あなたの知らない京都

世にも珍しい繭人形の専門店・あだしのまゆ村

あだしのまゆ村

季節構わず、いつも人で賑やかな嵐山。週末の嵐山は朝から旗を持った団体客でなおさら…竹林の小径はもう満員状態…。その嵐山の穴場と言えば法輪寺と何回も書いておりますが、もう一個所の穴場があります。嵐山から徒歩30分、自転車だと15分ぐらい…で全く違う世界にたどり着くその穴場とは…「嵯峨鳥居本伝統的建造物群保存地区」です。

「あだしのまゆ村」はその保存地区にある…世にも珍しい繭人形の専門店です。

階段を上がっての二階が「あだしのまゆ村」本店です。(まだ行った事はありませんが、天龍寺前には「まゆ村嵐山店」があります。)

「まゆ村嵐山店」から「あだしのまゆ村」本店までの道は「まゆのシルクロード」。嵐山で歩くシルクロード…幻想的ですね。

 

森の店とも言える「あだしのまゆ村」本店では誰が座っても心地いい手作り椅子でサービスのお茶をいただけます💚

階段を上がるのには少し勇気が要るかもしれませんが、ぜひ、お店の扉を開けてみてください。お店の奥の方では天気次第ではありますが、京都タワーも綺麗に見えます。

お店に入ると真っ先に目に入るのは繭(まゆ)です。

繭を見たのも触ったのも初めてでした。繭って、思ったより硬いでした。だからこそ、人形に変身できることですね。

繭人形と屏風の組み合わせも素敵でした。

お店の中にはフクロウ、河童、鶴などの折り紙の作品も置いてあります。作品の製作時間はなんと…6時間、7時間もかかるという事でした。米粒よりも小さいパーツを数百個も使って一つ一つ丁寧に組み立てて作り上げた折り紙のストラップ…。

私のようなテキトウな者には絶対できないその作業で生まれたその作品には見る者を圧倒させる力を感じさせられました。

いくら眺めても飽きないモビルも店内でゆらゆらと思いのまま揺れていました。

繭からの糸で作られたという絹てまりは馴染みのあるモービル…実は家にあるのです。

20年近く前、初めて行った哲学の道で見つけたお店で購入して、未だに健在で、リビングを飾っている絹てまり。とても懐かしい気持ちになりました。

とても似てるモービルを哲学の道にあるお店て購入した事を話すと、直ちに「風の館」と主背の名前を教えて頂きました。

「あだしのまゆ村」に置いてある絹てまりは桜と紅葉の名所でもある哲学の道にある絹てまりの店「風の館」からの取り寄せですが、繭人形のモービルも色んな種類があり、その可愛らしさに目が離せませんでした😊

「風の館」のホームページ➡ 風の館

繭を使ったカエルちゃん。とても可愛らしいです。

お店では直接繭人形を作ってらっしゃるので、場合によっては貴重な製作過程を見学、または体験する事もできます。

(体験は要!問合せ tel 075-882-4500 (9時-17時)

✅オンライン販売はリンク先をご覧ください。

➡ご注文方法 / あだしのまゆ村(繭人形とモビール)

「あだしのまゆ村」本店のすぐ近くには…化野念仏寺。

化野念仏寺から更に進と一の鳥居と「鮎の宿つたや」(嵯峨鳥居本 鮎の宿 つたや )。

さらに進むと愛宕念仏寺になります。

今回はお寺の中には入らず、鳥居本まで進んでからの帰りになりました。

次回はゆっくり奥嵯峨野を歩いてみたいです。

あだしのまゆ村・買い物

オリジナルの箱も包装紙も紙袋もとても可愛くて、すべて保管です😊サービスで折り紙を頂きました。折り紙の飛ぶカエルのお家選手権では子供が一位でした。

子供が選んだサムライ繭人形。早速…机に飾っています。

もう一つは保津川下りの折り紙。折り紙で波まで表現できるなんで…折り紙ができない私にはミステリーそのものです😅

まとめ

「嵯峨鳥居本伝統的建造物群保存地区」の奥嵯峨野は時間もが違うように感じられる素敵な場所でした。その中で偶然出会った「あだしのまゆ村」さんはとても心温まる空間でした。お店の庭で育てはるネギが無事収穫できること、他の野菜の栽培もできるようになる事、これからもたくさん繭人形を作ってくださる事を願います😊

✅シルクロードと蚕ノ社

「まゆ村嵐山店」から「あだしのまゆ村」本店までの道は「まゆのシルクロード」という話がありましたが、京都にはそのシルクロードに纏わる神社があります。

境内に境蚕を祀る蚕養神社がある蚕ノ社と関りがある秦氏はシルクロードを通じて絹織物の交易を行ったとされ、蚕ノ社の三柱鳥居はその影響を受けたという説があります。

✅繭とまゆまろ

まゆ人形専門店である「あだしのまゆ村」。言うまでもなく使う材料は繭です。

その繭は京都とも深い関りがあります。繭から出来たシルクが京都の織物産業に大きく貢献しており、それ故に京都府のPRキャラクターは繭をモチーフにしたまゆまるなんです! 京都 まゆまろオフィシャルサイトです〜

「あだしのまゆ村」と「まゆまる」とのコラボがもあり得るのではと思いますが…果たして…😊

ホームページ

関連サイト

「あだしのまゆ村」についてもっと詳しく知りたい方はリンク先をご覧ください。おすすめサイトです。

➡ころんとかわいい!夫婦の思いが詰まったまゆ人形専門店に潜入 - 炎の探偵社

アクセス