kyotostoryのブログ

あなたの知らない京都

「ミヤコが京都にやってきた!」

「ミヤコが京都にやってきた!」は……今後時間をかけて追記予定です。

20221004 鴨川デルタとお豆腐、豆知識、謎の牛乳編をアップしました。

ミヤコが京都にやってきた!

「ミヤコが京都にやってきた!」というドラマをご存じですか?昨年放送されましたが、私は一回か二回観てはすっかり忘れてしまったのをこの前、近所のママさんからまさに「今!やってるよ!」と教えて頂いて再放送も今夜からの3夜連続放送も録画して、先ほど再放送の4話まで観ましたが、おありにも面白くて...😅😅😅

 

昨年の一月だと、まだまだ畑を頑張っていた時期であって、まさか自分が京都に関するブログを書く事になるとは夢にも思っていなかった時期...という事で、京都に今ほどの興味はなく、ドラマに京都の風景が流れてもどこなのか殆ど分からず、そこまで面白さも感じる事ができずでした。

しかし、ブログを始めて半年も過ぎると、色々目に入る事も多く、「ちょこっと京都に住んでみた」もそうですが、「ミヤコが京都にやってきた!」もドラマで登場する場所が「あ!あそこ!!!」となると一人盛り上がっては何度も繰り返して観たりするようになりました😊

「ミヤコが京都にやってきた!」はストーリーに加えて、細かい「私が知らない京都」もたくさん出てきて、観て・習って・楽しめる・一石多鳥?のドラマ...続編の夏の京都も楽しみです。

ミヤコが京都にやってきた!・あらすじ

京都で町医者として、穏やかな日々を過ごしていた独り身の中年男性のもとに、別れた妻と暮らしていたはずの、ひとり娘が突然、やって来た!12年ぶりの再会に、ぎこちない父とワケありな娘。秋冬の美しい京都を舞台に、ハートウォーミングな人情ドラマをお届けする。©ABCテレビ【DRAMA】

「ミヤコが京都にやってきた!」・鴨川デルタ

「ミヤコが京都にやってきた!」の主人公である柿木空吉は上京 区の出町桝形商店街の近くに住んでいて、出町桝形商店街は鴨川デルタと程近いわけで、ドラマでは鴨川デルタのシーンがたくさん出ます。

おそらく遠くから見える橋は「出町橋」
(ちなみにですが、私はドラマで出てくる佐々木さんの鮮やかな靴下が好きです😅😅😅)

出町橋を渡るとすぐの所には豆餅で有名な「出町ふたば」さんがあり、そこから向こう側が「町桝形商店街」になります。鴨川デルタはこの辺り。下賀茂神社も歩いて行ける距離。いい所ですね!


www.youtube.com

鴨川デルタに関しては以前投稿しておりますので、気になる方は覗いてみてください。

kyotoclick.com

「ミヤコが京都にやってきた!」・お豆腐

「ミヤコが京都にやってきた!」の 柿木空吉を演じる佐々木蔵之介さんは京都出身の方で、「二条城の北にある造り酒屋・佐々木酒造(上京区)が実家」だそうです。(京都新聞20220928)

ドラマでのあの自然で馴染め込むような演技は京都育ちならではの柔らかさだったのかもしれません。

 

ドラマでは佐々木さん行きつけの「入山豆腐店」が「江原とうふ店」というロケ地になって、ドラマを飾ります。

「ミヤコが京都にやってきた!~二人の夏」1話ではミヤコが豆腐屋さんでバイトをする設定になっていて、お店の様子もうかがう事ができます。

www.instagram.com

一話で先生にお土産とミヤコに渡された袋にお豆腐やい揚げさんと一緒に入っていたのがひろうすです。(「トッフ」が何なのか……お分かりの方教えて頂けるとありがたいです。)

嵯峨豆腐 「森嘉」・ひろうす

ひろうすは飛竜頭と書いて、呼び方は色々あるようで、ひりゅうず、ひりうず、ひろうす、ひりょうずなどと呼ばれているようです。語源はポルトガルのフィリョース(filhós、小麦粉と卵を混ぜ合わせて油で揚げたお菓子)だそうです。がんもどき - Wikipedia

 

今回は「入山豆腐店」ではありませんが、嵯峨豆腐 「森嘉」さんでこの前ひろうすを買ってきたので、レシピをご紹介させていただきます😊「森嘉」さんは今回が3回目で、今後投稿次第こちらのレシピは「森嘉」の投稿に移動させていただきます。

 

嵯峨豆腐 「森嘉」は川端康成の『古都』にも登場します。私は 「森嘉」さんの縁でバイトを決めた事もあり、色々と「森嘉」さんは知らないストーリーがありますが、今後の投稿にご紹介させていただきます。

(「入山豆腐店」にも行きたいと思いますので、行く事ができたら、こちらに追記致します))

 

「森嘉」さんのひろうすは少し値段が高めですが、銀杏ゆり根がだっぷり入っているので、食べ応えは十分あります。

 「森嘉」さんのひろうすはかなり大きいので、初めて購入した時は丸ごと煮物にしましたが、今回は半分にして、あんかけと焼きにしました。

ひろうす焼き

半分にしたひろうすを魚グリルに入れて10分ほど様子をみながら焼く。

焼いたひろうすをお皿にのせて、好みの塩コショウなどを添える。

(写真は「マジックソルト」です)

ひろうすのあんかけ

めんつゆに水を加えて中火で沸かす。片栗粉を加えてとろみが出たらネギを少々いれて完成。

(「森嘉」さんのひろうすは油抜きせず、そのまま料理しても大丈夫です。)

 

晩御飯はひろうす尽くしで頂きました😊

ミヤコが京都にやってきた!・豆知識?

豆腐パックの中の水



豆腐パックに入っている水、使いますか?私はどちらかというと、捨てる派でした。豆腐はパックから出したら、一回水に流した方がいいとかの話もありますが、そこまではせず、パックに入っていた水は捨てるのが当たり前だと思っていたのですが……違ったようです。

 

「なんであの水を捨てるのですか?」と柿木空吉。え?とするミヤコに超慣れた技を見せます。豆腐パックの隅っこを切って、そこから水をコップに入れて、なんと……そのまま口へ!

 

佐々木さんはいつも豆腐パックの水をそのまま飲んでるんでしょうか。正直びっくりしました。おそらくお母さんから教えてもらったでしょうが……私はそのまま飲む自信はまだありません。でも、これから、老舗のお豆腐パックのお水は捨てずに、味噌汁などには入れようと思いました。

(お豆腐はおそらく「平野とうふ」川端康成さんが愛した老舗旅館「柊家」は朝の朝食に出来たての平野とうふを出すようです。いつか食べてみたいです😊😊😊)

アロエ

柿木空吉が手をケガした時、育っていたアロエを切って、患部にあてるシーンがありました。私も軽いやけどやケガ、子供のちょっとしたケガなどに家で育てるアロエにお世話になった事があるので、なるほど、私は間違っていなかったんだ!と、ちょっぴり嬉しくもなり、アロエが今までよりも愛おしくもなり、ほっとするシーンでした。

 

軽いケガにはアロエを~😀😀😀

「ミヤコが京都にやってきた!」・謎の牛乳

柿木空吉家の牛乳。

瓶の牛乳はお店でも見かける事がなく、どこの牛乳なのかと調べてみましたが、出てこない。「ヤナギ牛乳」というのはドラマようだったようですが、あまりにもリアル……。

ミヤコが京都にやってきた!3話・船岡山


www.youtube.com

ミヤコのお父さんである柿木空吉は通帳から30万円がおろされたことに気付き、ふと行先を変えて、ミヤコを連れて行きますが、その場所が「船岡山」なんです。

船岡山

船岡山

史跡 船岡山

(昭和四三年二月一五日文部省指定)
船岡山は標高一一ニメートル、面積二万五千坪の優美な小山である。今より千二百年の昔、京都に都が定められる際、船岡山が北の基点となり、この山の真南が、大極殿朱雀大路となった。
これは、陰陽五行思想・風水思想に基づいて、船岡山は大地の気が溢れ出る 玄武の小山であるとされたためである。
平安朝の昔には、清少納言枕草子で「丘は船岡⋯」と讃え、又、清原元輔藤原俊成等、多くの和歌が残されている。(以下省略)

「ミヤコが京都にやってきた!」・船岡山

私も火曜日に……船岡山に行って来ました。ドラマの再放送の事を知らなかったのでドラマで船岡山が出て盛り上がりました。

こちらはドラマと同じ目線での一枚になります。

しかも、こちらのステージ。場所にストーリーが染み込んでいるかのような...とても素敵なシーンでした。

佐々木さんが立っているのはこちらの舞台です!

 

夏の屋外「山奥フェスティバル」に最適!とも思われるステージでした。演劇の練習や歌の練習等々……もし、近くだったら、毎日でも行って本を読んだり、ぼっとしたり...やりたい放題の空間...。

 

ドラマは秋ですが、残暑が残る今は近くの木に毒キノコのような物がたくさん見られました。

12年ぶり再開した娘に…ずっと心の奥にしまっておいた言葉を娘に向けて綴る……そのお父さんをミヤコは心から受け入れる事ができるでしょうか。やはり…ミヤコはココでは自分の心を開く事ができません。「ミヤコが京都に来た理由とは?」その理由が明らかになるのは……船岡山をもうすこし登ってからの展望台になります。

船岡山展望台になります。



遠く京都タワーも見えます。

自分がなぜ京都に来たのかを話すミヤコの後ろに見える気になる柵は何でしょうか。

答えは桜でした。来年の春が楽しみですね😊

船岡山・色々

鳥のさえずりと緑に癒されます。

船岡山・カマキリ

ステージすぐ近くには船岡山公園があり、広々した公園でゆっくりすることもできます。私が行った時は本を読んではる方がおりました。

運がよければ、カマキリにも会えます😊

 

公園で一生懸命に階段を下りるカマキリを見つけました。一歩一歩……カマキリってここまで真剣に頑張って生きていくんだと…本を読んではった方と一緒にカマキリを応援しました。


www.youtube.com

公園に行く前はステージ近くの木で食事中?のカマキリを見つけて……心が重かったのですが、公園で出会ったカマキリで何だか心がすっとしました。

船岡山彼岸花

所々に彼岸花が咲いていました。

船岡山・三角点

三等三角点 船岡山

北緯35度2分8秒756

東経135度44分40秒 417

標高 111.89 メートル

設置年 明治36年(西暦1903年)

ここに設置されている標石は「三角点」です。 「三角点」は、地球上の正確な位置 (緯度・経度)を示し、地図 を作ったり道路や橋を建設するときの測量の基礎となる大切なものです。三角点を大切にしましょう。
建設省国土地理院近畿地方測量部 (社団法人 京都府測量設計業協会)
6月3日は「測量の日

船岡山・応仁永正戦跡

舟岡山は,丹波からの街道が長坂を通り洛中に入る所にあるためしばしば戦場となった。…中略…この石標は,応仁・永正戦の地である舟岡山を示すものである。KI004 応仁永正戦跡舟岡山

船岡山・アクセス

ミヤコが京都にやってきた!・動画

ミヤコが京都にやってきた!~二人の夏~・ABCテレビ

今夜から3夜連続で続編「ミヤコが京都にやってきた!」が放送されます。興味のある方はいかがですか?

ABCテレビで3夜連続放送!


第1夜:9月30日(金)深夜0時24分~0時54分
第2夜:10月1日(土)深夜0時05分~0時35分
第3夜:10月2日(日)深夜0時25分~0時55分

www.asahi.co.jp

終わりに・さよならエレジー

 

「ミヤコが京都にやってきた!」2話のエンディングでミヤコが歌った歌が印象的でした。

僕はいま

無口な空に吐き出した

孤独という名の雲

その雲が雨を降らせて

虹が出る

どうせ掴めないのに

「ミヤコが京都にやってきた!」「ちょこっと京都に住んでみた」は同じ京都を舞台にして、突然身内が京都にやってくる!という設定からのスタートになりますが、「ミヤコが京都にやってきた!」は「出町桝形商店街」、「ちょこっと京都に住んでみた」は「北野商店街」周辺という……それぞれ違う雰囲気が感じられる「京都ドラマ」とも言えます。

「ちょこっと京都に住んでみた」も今後投稿予定ですが、ひょっとすると「ミヤコが京都にやってきた!」と並行になるかもしれませんが、ご了承ください。