kyotostoryのブログ

あなたの知らない京都

京都の春ー北野天満宮・北野桜

 

北野天満宮・北野桜(20220412)

 

春が近づくと、天気予報では早くも桜前線が登場して、心がピンクに染まり始まります。その桜…なんと600以上の種類があるといいます。私には山桜、ソメイヨシノぐらいしか浮かびませんが…。

 

日本では、江戸時代までに栽培品種を含め300種を超えるサクラが存在していたとされ[1]、現在では固有種を含んだ10類の基本の野生種を基に、これらの変種以下の分類を合わせて100種類以上の自生種があり、さらにこれらから育成された栽培品種が200種あり、分類によっては600種を越えるとされる。(ウィキペデアより)

 

そんな中…花びらか白からピンクに変化するという日本唯一の新品種…「北野桜」があります。遅咲きなので、ほとんどの桜が散り始めてからでも楽しめます。

北野桜が初めて新種として「北野桜」と命名されたされたのは2016年。
住友林業が保管するサクラ215種の遺伝子と照合したが、一致しなかったことで「北野桜」と命名されました。
 
「北野桜」と命名されて・・・今年で5年以上経ったのですが、割と「北野桜」を知っている人はそこまで多くなく、私も今年初めて知りました。やはり…北野天満宮いえば梅の花!というイメージが強いからではないでしょうか。
しかし、北野天満宮には桜の花も綺麗です。八重桜も北野桜も遅咲きなので、花見に間に合わなかったとしても、北野天満宮では4月の後半まで花見ができるかもしれません。(今年の北野桜は4月24日頃までが見頃だったそうです。)
 
話しが変わりますが…今年は「北野桜」と別に…飛梅伝説で名高い…飛梅の組織培養で増殖させた同じ遺伝子を持つ苗木が初めて開花した事で大きい反響を呼びました。「2009年から住友林業とともに組織培養での増殖に挑戦、17年から完成したクローンの苗木5本を境内の梅苑に植えて育ててきた」と記事に書いてました。
 
今年は梅の花も、北野桜も見に行ってきましたが…『梅庭』までは行けず、クローンの梅の花は見る事ができませんでした。来年は『梅苑』にも行ってみたいと思っております。(北野天満宮梅の花は別の記事で今後投稿予定です。)
 
ここから…再び…「北野桜」の話に戻ります。
「北野桜」は北野天満宮社務所の前に静かに咲いていました。樹齢は推定120年と言われています。朝早く着いた北野天満宮には人も少なく、独り占めの贅沢なお花見ができました。
 
 
 桜は木から出てきた枝が伸びて咲いたのが多く、生命の尊さを感じました。
 

案内版から読み取る『北野桜」

 
御神木「北野桜」
菅公御歇
櫻花ぬしをわすれぬものならば吹きこむ風にことづてはせよ
[訳]「桜の花よ、主人を忘れないでいるならば、東から配所にいる私のほうに吹いてくる風に伝言をしておくれ」
菅公が遠く大宰府の地へ配流される折に、名歌「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花あるじなしとて春を忘るな」と同じく自郷で詠まれたこの歌には、桜も梅と同じく頼しまれ、心を寄せていたことがわかる。
 
北野右近馬場は桜の名所であった。
離順天皇大同二年(八〇七)に開かれた右近の馬場は、右近衛大将であった菅公の好まれた場所であり、桜狩が行われたほどの桜の名所として知られている。この右近の馬場を舞台とした謡曲「右近」は、春にふさわしい女神を主役として御代を寿ぐ春を代表する曲である。(以下省略)

北野桜・20220412



薄紅の蕾から咲くのは白い花、それが徐々にピンクに変わっていくので、今だと蕾を含め…白とピンクの両方の花を楽しめます。
 
満開になるのは今月中旬から下旬という事です。
 
 

白と薄ピンクの花びらが一緒に楽しめます。
 

 八重桜・20220412

本殿から出てすぐの…満開の八重桜。昼前でしたが、そこまで人も多くなく、ラッキーな事に…またも贅沢なゆっくりお花見ができました。
 
 
風が強まると落ちてくる桜吹雪…行く春を感じさせます。

青もみじ苑

北野天満宮では梅苑に続いて今は青もみじ苑が公開されています。
 
 
期間 20220409-20220626
時間 午前9時-午後4時
参拝料金 大人500円 小人(小学生以下・修学旅行生)250円
 
 
 
時間が足りず…青もみじ苑には入ることができませんでしたが… 
北野天満宮の境内には…梅の花が散って青々と日差しに光る青葉で目がまぶしいほどでした。
 
北野桜はまだ蕾が多く、満開になるのは来週からになるので、今だと八重桜と北野桜に加えて青もみじのトリプル楽しみ、八重桜が散ったとしてもダブル楽しみが味わえます。(今は青もみじ苑だけになります
 
青もみじ苑はまだまだ余裕があるので…今度はゆっくりマイナスイオをだっぷりいただくよう…行ってみたいと思います。
 

アクセス